Skip to content

ルーチンタスクでやるべきものに気合い入れて取り組むと、意味の無いことまでやりたがる話

2012/03/14

気合い入れてルーチンに取り組むとき

私は掃除をサボっていました。本当によくサボっていました。

タスクに入っていても、先送りするのはざらです。
とはいっても、掃除をする時は必ず来るもので、そのときに一気にきれいに仕上げて、たまった汚れをこれでもかと処理していきます。

タイトルの、ルーチンタスクでやるべきものに気合い入れて取り組むケースです。

つい、一手間かけたくなる

ふと気づいたんですが、こういうと時っていつもより気合いが入っている分、もう一手間かけたくなるんですよね。

たとえば、掃き掃除、拭き掃除を終わらせるまでは良いのですが、せっかく掃除を始めたんだからと、ケーブル類を束ねたり、ら掃除機をきれいにしたり、隅っこに残っているゴミを取ったりと文字通り隅々まできれいにしたくなります。

もしくは、職場の書類整理で同じような経験はないでしょうか?

雑多に散らばったものを、机の引き出しをひっくり返して位置から丁寧に分類して半日消えた経験は無いでしょうか?

ひたすらもっといいカテゴリー分けにいそしんだことは無いでしょうか?

「よし!完璧!!」となるまで取り組んで、満足感に浸った経験は無いでしょうか?P1000076

不幸なことに、ルーチンに気合いを入れて取り組んだ状態は維持できない

少なくとも、私にはムリです。

さらには、掃除した翌週に
掃除機の中がピカピカかどうかなんてハッキリ言ってどうでも良い
ことに気づきます。

あんなに充実感に浸っていたというのに…

そして、状態を維持できないので、やる気がまた下がります

ルーチンには落としどころをつけてあげる

ルーチンは、状態が維持できていれば良いので、やるべき事をやったらきっちり終わらせるのが吉です。

ルーチンタスクに気合いを入れて取り組む際には、”どこまでが必要か”を意識して取り組まないと徒労になるので気をつけたいです。

広告

From → Uncategorized

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。