Skip to content

TaskChuteの実績分析:フィルタでタスクを絞る

2012/03/08

TaskChuteの実績分析 :フィルタ編

みなさま、TaskChute の見返しはどうやっているでしょうか?
今回はフィルターで絞ってタスクを眺めてみたいと思います。

フィルターとは

フィルターは、ある条件で表示される項目を絞るもので、たとえば下みたいなタスクがあったとします。

1

ここで、7行目の「作業内容」の右端にある[▽]のボタンを押すと、フィルタが出てきます。

ここでは、下のように項目に「朝食」と入れてみましょう

2

すると、朝食を含んだ項目のみが出てきます。

もっと条件をつけたい

よく見ると、朝食の片付けの項目まで出てきてますね…

3

朝食のみを抜き出したいのなら、このケースの場合なら「朝食@」と入力することで、朝食タスクだけが抜き出せます。

もう1つ条件を増やしたいケースもがあるかもしれません。そのときは、
「テキストフィルター」 → 「ユーザー設定フィルター」を選びます。

4

すると、2つ条件を設定できるので、条件として、「朝食”を含む”」 AND 「片付け”を含まない”」としてOKを押します。

5

これで、朝食タスクだけが絞り込めました。

6

あとは、実績の項目を平均を取るなり、棒グラフにしてみるなり、自由にログを見ていくことができます。

月日も選べます

ちなみに、「月日」の項目は、月ごとに選択することもできます。

2012-03-08_234414

まとめ

フィルターで確認するタスクは、主に日報作成などのルーチンタスクになると思います。一度決めた後に、こうやって俯瞰してみると新しいことが見えてくるかもしれませんよ?

 

関連過去記事

TaskChuteの実績分析:ピボットグラフで全体をみる

広告

From → lifehacks, TaskChute

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。